車査定の基準となるポイントとは

車は新車の時が一番高く売れます。当たり前ですね。
そしてどんどん安くなってゆきます、昨日よりも今日、今日よりも明日という具合にどんどんその価値は下がってゆきます。そう考えるとなんだか悲しいですが・・・。

そもそも車がモデルチェンジを行うようになったのは何の為なのかご存知でしょうか?ユーザーが乗っている車を意図的に古いものにするのが目的なんだそうです。
なぜそんなことをするのかといえば、新しい車を売りたいからです。

参考リンク:計画的陳腐化

モデルチェンジの始まりはここからだったわけですが、
実際にはメーカーは常に技術研究を怠らずに頑張っていて、新しい機能が装備されたりして、燃費がよくなったりとか、パワーが出たりとか、決してそれだけではないですね。あくまでも最初はそうだったというお話ですので念のため。

では、その高く売れるとか、安くなっちゃうとか、そのあたりの金額は具体的にはどうやって決まるのかといえば、中古車市場での価値が基準となります。

中古車市場といってもちょっと抽象的ですね。
そこで実際に車を売る場合にはユーザーはどこで売るのか?
といえば主にこの三つが考えられます。

・ディーラーでの下取り
・中古車販売店での下取り
・中古車買取店での買取り

下取りと買取り、売却先で異なる査定基準

ディーラーでの下取り

新車に買い替えの場合だと、古くから馴染み深いのがディーラーでの下取りです。
おおよその基準価格は、メーカーによって決定されているとも言われていますが・・・。
実際には営業マンが新車を売るために、どうやって値引きや下取り価格を提示するか?価格交渉するか?これが査定基準といっていいでしょう。

ディーラーでは自前で中古車を売ることは本業ではありません。
一部メーカー系の中古車販売店もありますが、
あくまでも新車を売ってナンボなのがメーカー(ディーラー)だといえます。
そういった意味でリスクの少ない価格での下取り。
買取りの場合と比べて安い価格での下取りとなるケースがほとんどです。

中古車販売店での下取り

中古車に買い替えの場合だと、中古車販売店で下取りしてもらうケースが多くあります。
かつては買い取った販売店がそのままお店で販売するケースも多かったようですが、
これは在庫を抱えてしまうリスクが高いやり方です。

中古車販売店での下取りも、ディーラーでの下取りと同様に、
買取りの場合と比べるなら安い価格となってしまうケースが多いといえます。

近年では買取りも行っている販売店もあり、こういったお店では自前で販売する以外の売却ルート(オートオークションや海外への転売など)を持っていることが多いです。
この場合には下記の買取り店での買取りに近い査定基準となってきます。

中古車買取店での買取り

中古車買取店は、買い取った車を業者オークション(オートオークション)
で売却するのがメインですので、この業者オークションでの売却金額が査定額の基準となります。

買取店はオークションで売却して利益を得るために買取りしているともいえます。
時期やトレンドに合わせて売りやすい車を数多く買取り、数多く売却できますから、
1台に対しての利益分が少なくても(つまり高い金額で買い取っても)経営が成り立つので、
下取りと比べて高い査定基準となるといえます。

業界標準の中古車価格相場はレッドブック

さて上記の下取り、買取りの査定基準を決めるために業界標準となっているものに、
レッドブックがあります。車種、グレード、形式番号、類別区分番号ごとに、
新車時の販売価格と中古車小売価格(予測価格)をまとめ、毎月もしくは隔月で刊行されています。

上に挙げたように査定の基準は売却先によって違いがあるものの、 下取り、買取り、業者オークションでの取引、中古車販売のほか、事故の場合の対応のため損保保険会社においても、業界のプロが参考にしているといわれているのがこのレッドブックです。
ただしあくまでも参考しているという感覚ですね。
決定しているというニュアンスとはちょっと違います。

一般の方でも購入することができますので、
興味がある方は購入してみるのも良いかと、 年間契約のみですが・・・。

参考リンク:レッドブック

査定基準から減点・加点

このように査定基準は、売却先と売却方法によって違いがあるわけですが、
これだ!!といえる明確な基準価格がある!
というわけでもないという点は、お分かりいただけたでしょうか?

明確ではないにしろ、それぞれある一定の査定基準があったとして、
そこから車のコンディションによって減点や加点されて査定額が決定されます。
具体的には車種と年式、グレードによって基本額を決め
そこから走行距離、ボディカラー、装備品、エンジンの状態、
車検の残月、修復歴、書類などによって減点・加点されることになります。

ノーマル状態が一番評価が高く、純正オプションなどは加点の対象です。
社外オプションやパーツは、ディーラーなどでは減点の対象となる場合もありますが、
買取り店では、加点の対象となることも稀にあります。
どの場合でも、減点の対象となるのがこれらの2点。

・原色系ボディカラー(赤、黄色、緑、オレンジなど)
・修復歴あり

原色系のボディカラーは、新車の時は人気があっても中古車になるとガクンと価格が下がります。
また修復歴ありの車は、車の骨格となるフレーム部を修正もしくは交換している車ですので、
実際にはきちんと修理してあっても、信頼性に欠けると判断されやすいものです。
どちらの場合も、中古車として販売しにくい、売りにくい車ということになります。

在庫や回転率によって査定額に差が出る

近年でいうなら、やはり維持費の安い軽自動車は人気です。
特にハイトワゴンともいわれるルーフが高くて室内が広いタイプがトレンド。

そしてやはりハイブリッド車。
不安定なガソリン価格のほか、環境に対しての配慮という点で
燃費のよいハイブリッド車が人気です。

安定して支持されているのがミニバン。
7人乗りや8人乗りなど、家族で広々と乗れる居住性の高さが魅力です。

こういった需要の高い車は、回転率が高く年式の割りに値崩れしにくいものです。

そしてモデルチェンジがあるタイミングには、それまでのモデルが下落します
また古い車では、自動車税が重課となる新車登録から13年が経過となる少し前から下落します。

また、車種やタイプに関係なく、中古車の在庫が少なくなり、回転率が高くなる時期があります。
3月は年度終わりで4月からの新生活に合わせて車を買い替える人、
1年間づつ支払う自動車税の開始時期も4月からですから、
この時期に買い替える人が最も多くなります。

そしてもうひとつが9月頃、夏のボーナスが出て夏休みも終わりひと段落。
大きな買い物をするならこのタイミングという人が多く、
3月に次いで車を買い替える人が多くなる時期です。
これらの時期には査定額もアップする可能性が高くなりますから、
少しでも査定額が高い時期に売却したい場合には、狙い目となる時期です。